ノートPCのディスプレイの前で、いつも変化している相場を目を向けていると、何やら売り買いをせずにはいられなくなるという感情が生まれる事も多かったりします。しかしながら、あやふやな考えで注文することだけは、絶対にしてはいけません。分かっていると思いますが、為替相場は昼夜を問わず、どこかで外国為替市場が開かれているしレートも常に、変化しています。しかし、だからといって立て続けに売買を重ねているとそれだけで損をする危険性が高まってしまう。当然、エントリーの回数を積む事で、少しずつ儲けられる確率が五分五分に近づくのは事実です。けれどもこの事は「漠然とした感覚でエントリー」とは話が異なります。売買回数を重ねる事の意味は自分自身が「ここだ!」と考える確信を得られた場合の取引回数を積むという意味である。ただ、連続して注文を繰り返すのとは明確に異なります。マーケットの戦いに臨むには白分で意識的にメリハリをつけることが必要です。「ここで勝負」と思い至った外国為替相場の時には迷うことなくポジションを多くして、思い切り儲けを追求します。「何となく頭をかかえる外国為替相場で、どう上げ下げするのか読めないな」と考えた時は思い切ってポジションをひとつ残らず見切りをつけて放置します。このくらいのメリハリがあったほうか最終的にエントリーはうまくいくものだ。市場の名言には「休むも相場」というものがある。まさにその通り。相場とは、常に売買ポジションを保有する事が全部ではなく、どのポジションも保有せずじっとしていることも場面によっては、外国為替相場です。そうであるならば、どの場面で、休めばよいのだろうか。ひとつめは、前述したように、今のマーケットがしっかりと良く見えない時です。そこからどちらにいくのか明確でない時は、間違って判断すると、自分自身の書いた筋書きとは逆に外国為替市場が動いてしまい損失を被る事になります。こうした場面ではポジションを0にして、そのままの状態で静観しているのが最善の策です。2番目に、己の健康状態がよくない時です。健康状態と相場に関係がない思う人もいますが実はつながりがあります。健康状態が悪い時は、市場の大事な局面で、必要な決定をする事ができなくなります。興味がわかない時は、相場から離れる事も必要な事です。