外国為替証拠金取引(FX)をやる興味深いところは単一の投資商品であるのですが投資期間を短い・普通・長いという3つの中からどの種類を選ぶかということで、投資の手だてが全然変わってくるということにあります。最初は外貨に対して投入する「長い時間をかけるスタンス」を考えましょう。長期のスタンスというのは、一年以上の長期投資を基本にしているのです。まず為替相場で、一年も先々の相場が円高と予測するか、逆に円安なのかを考えるなんていうことはたいてい無理に違いありません。実際は、「そんなに後々の情勢は予想できない」と考えるのが実際のところだと思います。わからないことを考えようにもそれは意味のない行為です。そのことから外貨を買った場合、その時点での買いレートよりも円高だとしても、その差損分は少し経てば円安になるだろうという軽い思いで臨むものです。利益を懸命に求めることよりも別の利益それはスワップポイントを大きくするということを、最初の目的ということでお金を預けましょう。当然ですが短期間で為替変動の影響で損がなってしまうこともあります。よってこういうケースのような差損が大きくなっても影響の少ないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をなるべく少なめに売り買いすることは大事です。FXは損失がある金額以上に増大すると追い証(追加保証金)を出さなければならなくなったり、もしくはロスカットがかけられたりします。ストップロスをしたら、すぐ売買を打ち切りせざるを得なくなり、長期取引がストップしてしまいます。この例のようなリスクを抑えるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいでトレードするのが良いと思います。次に中期投資のケースのトレードについてです。中期投資においては一番長くて2ヶ月くらい経った頃を推測してのやり取りになります。為替のトレードの際、だいたい1ヶ月後のことであればおおかた、推測しやすいと言われます。G7を始めとした各国の集まりとか為替の市場に参加している人たちが何をところに注目しているのかを考えてみれば、割りと、先読みできるでしょう。こういった経済の状況をチェックしつつ、グラフを見ることで為替のレートのレベルを理解する事ができトレードを決定するのがいいと思います。基本的に経済の状況とジャッジの両面で光り、またはどちらも買い傾向が同じであればだいだい思った通りに動いていくと考えて良いです。そうしたら持ち高を増やすとより一層高い利益を受け取れるはずです。最後に短期のスタンスのコツです。この短期のスタンスが示しているのは、すなわち日計り取引を示しています。為替でデイトレードを行うにあたり、経済の状況はまるっきり関係しないと断言します。それは明日の為替のレートの変化にファンダメンタルズは関係がないからです。ここで最大のポイントは大きいイベントがあることでそのおかげでレートが大きく変動する瞬間を狙ってやり取りすることです。例を挙げるとアメリカ合衆国にて雇用者の統計が公表される、ないしは金融政策などで金利が変化するというような行事。このようにタイミングに動きを逃さないとの意味合いから、短期のスタンスは多種のものが必要になる。