外為取引には取引所取引という取引があります。日常的の外為(FX)業者と商売を行う事柄を「店頭取引」と呼びますがこの取引については取引所を通さないで売買のパートナーはFX(外国為替証拠金取引)業者になるのです。「取引所取引」という所はFX業者はあくまでも仲だちであるので、率直の売買パートナーは取引所という訳になります。その違いをこちらで若干比べてみましょう。第一に「店頭取引」の場面は託してある証拠金は外為企業に束ねされています。「取引所取引」の時、その資金は全ての額取引所に仮納しなければいけないと決まっております。万一外国為替証拠金取引(FX)企業が経営破たんするといった経験があっても、後者は、取引所によって証拠金が全てのお金が守護されているということになるのです。店頭取引の折はFX会社がコントロールしているので、状態によっては業者経営破たんの巻き添えををこうむり寄託していた証拠金は擁護されずにいくのかもしれないです。及び税金の面からも両者については規定に違いが見受けられます。「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として給料と合算して届出をしなければいけません。されど確定申告せず良い場合もあるらしいので、我に該当するか否かよく検証してください。万一アナタが労働者でサラリー2000万円以下、給与の所得をはみ出した収入が20万円以下(2社以上の会社から給料の所得がなし)といった取り決めを守っていれば特例という事で確定申告は不要でOKです。FXの利益が二十万円以上場合は確定申告してください。税率は手取りに従い5から40%の6つの段階に分けられており、稼ぎが高ければ高いほどタックスも高騰します。「取引所取引」では、収益があるのであればその他の収益とは分けておいて「申告分離課税」の的になってしまうでしょう。税の割合は一律20%となるのですがもしかしてマイナスが決まったなら「取引所取引」の益として損失分を来年以降に先送りが可能です。上記から見ても、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも安い税率になるときも大いにあるのでふまえて見ていった方が良いと考えます。ことに未経験者の方なら、株価の変動や円高にいつも気配りし、もうけや損金分に一喜一憂するがために、税金においてのことを忘れがちになってしまうこともあるんです。赤字は困ります。でも、手取りが高騰すれば税金についても高騰するので注意と実感をもつ事が重要な点ですね。